ヘルシー半生

ノニウスのしげのです。

布団

10日間くらい、熱を出して寝込んでいました。
昨日今日でだいぶ回復して、今はお茶漬けやうどんをむしゃむしゃ食べれるようになりました。
休んでいたアルバイトも来週から復帰する予定で、復活も程近いです(たぶん)。

熱がある間はほとんど布団の中で、検査やら何やらで病院には徒歩で行っていましたが、帰ってきたら布団で寝る、薬を飲んで布団で寝る、目が覚めたら布団でゲームして、疲れたらまた布団で寝るという日々でした。布団が嫌いになりそうです。

吐き気もあったので食欲があまりなく、ヨーグルト、飲むヨーグルト、ウイダー的なゼリーを主食として、たまに調子のいいときだけおじややうどんを食べました。

少ない食事と、ひたすら布団で寝る日々は、まるで修行のようでした。

熱が下がらない間、やはり死を意識していましたが、自分は今まで、世の中に対して偉そうにしすぎてたんじゃないかとか、あぐらをかいていたんじゃないかと反省してきました。

家に引きこもっている間、外の世界とほとんど関わらず、私が死んでも誰も気づかないんじゃないか?という気持ちがしました。今までは少しそういうことをないがしろにしていたけれど、私はそれがすごく寂しいんじゃないかと思いました。私が生きていることを、私が死んだことを、私という性格を、人間性を、私はもっと他人に知ってほしいんじゃないかと、今まで他者を自ら突き放すようにしてきたことを寂しく思いました。

寝込んでいる間は演奏することを考えていました。
歌を歌うことは特別で、魔法(!)です。キラキラフワフワした魔法ではなく、空気を震わすことが魔法だと思います。空気を震わす、空間を切り裂いて、空気を変えることができるというのが、私が音楽を好きな理由のひとつです。
自分たちの前回のライブ録音を聞いて、絶対にまた演奏したい、と思いました。まだまだよくしたいところがいっぱいあるからまだ死にたくない、死後、私の実力はこんなもんだったんだって思われたくないと思いました。

死ぬことはたぶんなく、晴れて元気を取り戻してきました。休みすぎて、社会(バイト)にちゃんと復活できるかすこぶる不安ですが、ともかく元気になれそうでよかったです。

寝込んでいる間聞いていて、頭を巡る長澤知之の曲↓


【NEXUS LOVERS #5 長澤知之】Vol.9 どうせ陽炎


ああ俺ってつくづく楽しくねぇ
楽しくねぇから友達もいねぇ
近くに穴があったら入りてぇ
そこでしばらく自分を悔やみてぇ


布団の中で十分悔やみました。
元気に復活したら、これからは、もっと一生懸命、そしてもう少しやわらかに生きたいです。
ライブは2/9に代々木で予定しています。
きっと元気に出演して演奏できることが心底嬉しいです。